© 2012 Hisako Hiseki

ディスコグラフィー 戻る

最新のアルバム

魅惑の音の旅‐日本‐ドイツ‐スペイン

演奏・比石妃佐子、吉松、ブラームス、ソレル、アルベニスの作品

+ 詳細はこちら

購入する iTunes | Amazon

2016年比石妃佐子、グラナドス没後100周年記念コンサートで 「ゴィエスカス」全曲演奏。

ゴィエスカスは、ゴヤの絵にインスピレーションを得て作曲されました。

+ 詳細はこちら

購入する iTunes

 アルベニス「イベリア組曲」 アリシア・デ・ラローチャ監修 比石妃佐子 校訂・解説

アリシア・デ・ラローチャ直伝の演奏法を元に、比石妃佐子が詳しく解説しています。

+ 詳細はこちら

購入する 物理的な典型的な

Four Little Dream Songs

2014 Neway Music

+ 詳細はこちら

購入する iTunes | Amazon

400年の夢、時空を超えて

Neway Music, 2013

+ 詳細はこちら

購入する iTunes | Amazon | 物理的な典型的な

El Universo de la Música Española

Insitu Recordings, 2011.

+ 詳細はこちら

購入する iTunes | 物理的な典型的な

12 Danzas españolas Op.37

Insitu Recordings, 2010.

+ 詳細はこちら

購入する iTunes

Goyescas

Opticdata, 2009.

+ 詳細はこちら

購入する iTunes

Iberia&Suite Española

Insitu Recordings , 2009.

+ 詳細はこちら

購入する iTunes

比石妃佐子サグラダ・ファミリア大聖堂ライヴ

ENZO Recordings, 1995.

+ 詳細はこちら

購入する iTunes

比石妃佐子サグラダ・ファミリア大聖堂ライヴ

ENZO Recordings, 1995.

+ 詳細はこちら

購入する iTunes | 物理的な典型的な

このCDは、201410月に録音、201715日にリリースされました。

Copyright: © 2014
 
Length: 42:41
 
ASIN: B01N25XL0H


下記でオンライン購入できます。
     
      

iTunes
KKBOX
Apple Music
Amazon
Line Music
Google Play

リストを追跡
1. Intermezzo         J. Brahms. 6 Klaviersücke, Op.118
2. II Intermezzo         J. Brahms. 6 Klaviersücke, Op.118         
3. III Ballade         J. Brahms. 6 Klaviersücke, Op.118
4. IV Intermezzo         J. Brahms. 6 Klaviersücke, Op.118
5. V Romanze         J. Brahms. 6 Klaviersücke, Op.118
6. VI Intermezzo         J. Brahms. 6 Klaviersücke, Op.118
7. Dream Song On May        Yoshimatsu. Four Little Dream Songs
8. Distored Waltz On August    Yoshimatsu. Four Little Dream Songs
9. Dream Song On November   Yoshimatsu. Four Little Dream Songs
10. Lullaby         Yoshimatsu. Four Little Dream Songs
11. Sonata Fis-Moll         Antoni Soler
12. Pavana-Capricho Isaac Albéniz
 

コンサートは、グラナドス没後100周年記念として20161020日に東京文化会館で開催され、同時にライブ録音されました。

演奏曲目は、グラナドスの「ゴィエスカス全曲」「エル・ペレレ」、クロード・ドビュッシーの名曲「月の光」「アラベスク1番」でした。

また、コンサート当日、偉大なピアニストで熱心なスペイン音楽の研究者でもある比石妃佐子の校正・解説付、新刊楽譜「ゴィエスカス」が発売され、そのプレゼンテーションも行われました。

ライブ録音CDは、クラウド・ファンディングの成功によりリリースされました。

CDは下記でオンラインでご購入下さい。

Tunecore

iTunes

Google Play Music

kkbox

リストを追跡
1. Los requiebros (Live)
2. Coloquio en la reja (Live)
3. El Fandango de Candil (Live)
4. Quejas o la maja y el ruiseñor (Live)
5. El amor y la muerte (Live)
6. Epílogo (Live)
7. El pelele (Live)
山野楽器 
エディトリアル・ピレス
オンラインご注文は、
リストを追跡
 
イベリア Ⅰ
イベリア Ⅱ
イベリア Ⅲ
イベリア Ⅳ

吉松 隆; 4つの小さな夢の歌

私たち日本人は、自然を愛し、自然から学び、時には自然の脅威も知りながら、自然と共に生きています。日本の四季は、とてもはっきりしていて、特に春と秋がヨーロッパよりは長く、気持ちの良い季節として楽しみます。その中で培われた私達の感性を伝えたいと思い、この曲を選びました。各曲の表題にあるように、この曲は日本の四季の印象を描いていますが、恋に重ね合わせても良いかと思います。作曲者は生存中で、いわゆる難解な現代音楽を嫌い、メロディーを大切にしてピアノの音色を88個の星の鈴と表現しています。

・春 5月は桜が散った後、緑の若葉が芽吹きます。

又、春はいろいろな日常の新しいスタートの季節でもあり、明るい希望とほんの少しの不安が、感じられます。

・夏 強い光と濃い緑、湿度の高い日本の夏の気だるさを、3拍子と2拍子の変則的な

   ワルツで表現しています。

・秋 “実りの秋”と私達は言いますが、森の木々が赤や黄色に色づきとても幻想的な

   風景に包まれます。その美しさとこれから冬に向かう一抹の寂しさが感じられます。

・冬 時に雪に包まれ、白銀の世界になる冬の静けさ。厳しい寒さの中にも、つぼみを

   見出したような優しい子守唄です。

リストを追跡
[1] Dream Song on May
[2] Distorted Waltz on August
[3] Dream Song on November
[4] Lullaby

比石妃佐子のニューアルバムは、スペインと日本の現代音楽の名曲を集めています。これは、彼女が母国の作曲家の作品をおさめた最初の録音になります。

伊福部昭や三善晃の作品と、アルベニス、グラナドス、モンポウやモンサルバッチェの音楽から選ばれた20曲は、遠く全く違うように思える2つの文化を明確に結びつけています。またこのCDBBVA財団の協力を受け、スペイン日本交流記念公式プロジェクトとして日本大使館から公認されたものです。 
リストを追跡
[1] – [9] Frederic Mompou (1983 – 1987): Impresiones Íntimas.

[10] Xavier Montsalvatge (1912 – 2002): Berceuse a la memoria de Óscar Esplá.

[11] – [13] Xavier Montsalvatge (1912 – 2002): Tres divertimentos sobre temas de autores olvidados.

[14] Enric Granados (1867 – 1916): Allegro de concierto.

[15] Isaac Albéniz (1860 – 1909): Pavana – Capricho.

[16] Akira Miyoshi (1933): En vers.

[17] – [20] Akira Ifukube (1914 – 2006): Piano Suite.

1223日放送の「アナザースカイ」(日本テレビ系全国)のゲストとして登場し、一気に注目が集まったバルセロナ在住の世界的ピアニスト、比石妃佐子(ひせきひさこHiseki,Hisako)の最新録音。
●比石が番組中で演奏したモンサルヴァチェの「ハバネラ」はこのCDに収録されています。
●比石はアリシア・デ・ラローチャの愛弟子。ラローチャと共同でアルベニス作品の楽譜校訂にも関わっているなど、スペインのピアノ音楽のスペシャリストとしてヨーロッパを中心に活躍しており、115月には九響とアルベニスの協奏曲を本邦初演しています。

リストを追跡
CD-1
[1] - [7] エンリケ・グラナドス(1867-1916):スペイン民謡による6つの小品H.125
[8] - [13] エンリケ・グラナドス:組曲《ロマンティックな情景》
[14] フレデリック・ショパン(1810-1849):バラード第4 Op.52

CD-2
[1] エンリケ・グラナドス:5月の歌
[2] - [4] ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827):ピアノ・ソナタ第8番ハ短調Op.13『悲愴』
[5] - [8] マヌエル・デ・ファリャ(1876-1946):4つのスペイン風小品 G.37[5] 1曲「アラゴネサ」
ハビエル・モンサルヴァチェ(1912-2002):イヴェッテの為のソナティナI.III.
ハビエル・モンサルヴァチェ:ハバネラ
比石妃佐子(ピアノ)
20118-9月、スペイン・バルセロナでのセッション録音 DDD
 ''アントニ・ガウディの死後も建築が続くサグラダ・ファミリア聖堂の彫刻家であり、私の夫でもある外尾悦郎とのスペインでの生活は、かれこれ20年以上になりました。夫が、偉大なガウディが目指した方向を見て彫刻しているのと同じように、私もスペイン音楽の神髄を日本人の感性を持って追求し続けてきました。それが10年をかけて師ラローチャと校正したアルベニス「イベリア組曲」の出版、地元で大変栄誉あるアルベニス・メダルの受賞へとつながりました。このCDも、そんな成果の一つです。この演奏を通じてスペインの魂を皆様のお手元にお届けできればとても幸せです。''(比石妃佐子)
●レコード芸術201012月号推薦
リストを追跡
[1] 1 ト長調 「ガランテ、メヌエット」
[2] 2 ハ短調 「オリエンタル」
[3] 3 ニ長調 「ファンダンゴ」
[4] 4 ト長調 「ビジャネスカ」
[5] 5 ホ短調 「アンダルーサ」
[6] 6 ニ長調 「ロンダージャ アラゴネッサ」
[7] 7 ト長調 「バレンシアーナ」
[8] 8 ハ長調 「サルダーナ、アストゥリアーナ」
[9] 9 変ロ長調 「ロマンティカ」
[10] 10 ト長調 「メランコリカ」
[11] 12 イ短調 「アラベスカ」
[12] 11 ト短調 「ボレロ」
この録音はグラナドスがゴヤの絵画にインスパイアされものした名作「ゴイエスカス」に「新たなページを開いた」と絶賛されたもの。グラナドスの叙情性、ロマンティシズム、ユーモア、皮肉が散りばめられた人間味あふれるこの曲集を、十分に吟味された音色で表現する比石のピアノは、彼女の師ラローチャからも手放しの賛辞を寄せられている。117日に「徹子の部屋」で補遺「エル・ペレレ」も収録。
●レコード芸術20121月号準特選
リストを追跡
[1] 1部第1曲「くどきごと」
[2] 1部第2曲「窓ごしの語らい」
[3] 1部第3曲「ともし火のファンダンゴ」
[4] 1部第4曲「嘆き、またはマハと夜啼きうぐいす」
[5] 2部第5曲「愛と死」
[6] 2部第6曲「エピローグ、幽霊のセレナード」
[7] 補遺:エル・ペレレ(わら人形) H.106
スペイン在住のピアニスト比石妃佐子の決定的名演。彼女は10年をかけて師ラローチャと「イベリア」を校訂、作曲者遺族からアルベニス・メダルを授与され、2011年には九州交響楽団とアルベニスのピアノ協奏曲を本邦初演するなど、この作曲家に特別の敬意を抱いています。作曲者生誕フェスティバルなど、数多くの全曲演奏を経て万全の体制で挑んだこのセッション録音は、新時代の決定的名演として長く記憶されるにふさわしいといえるでしょう。
●レコード芸術20121月号特選
リストを追跡
CD-1
組曲《イベリア》
[1] 1曲「エボカシオン」
[2] 2曲「エル・プエルト」 
[3] 3曲「セビーリャの聖体祭」
[4] 4曲「ロンデーニャ」 
[5] 5曲「アルメーリア」 
[6] 6曲「トリアーナ」

CD-2
組曲《イベリア》
[1] 7曲「エル・アルバイシン」
[2] 8曲「エル・ポーロ」
[3] 9曲「ラバピエス」
[4] 10曲「マラガ」
[5] 11曲「ヘレス」
[6] 12曲「エリターニャ」
スペイン組曲
[7] グラナダ(セレナータ)Op.47-1
[8] セビーリャ(セビリャーナス)Op.47-3
[9] アストゥーリアス(伝説)Op.47-5
 世界遺産サグラダ・ファミリア大聖堂の秘蔵音源、ついに登場。比石の得意とするスペイン音楽のおいしいとこ取りプログラム
サグラダ・ファミリア大聖堂での95年のピアノ・リサイタルの模様を捉えたライヴ音源。なお、世界遺産に指定された現在ではコンサート開催の許可が下りなくなっているため、いまとなっては大変貴重なものといえます。
●1995年のデジタル・ライヴ録音をENZO Recordingsにおいて24Bit/96KHzにトランスファーしてリマスタリングしています。
レコード芸術20121月号準特選
●WEB記事 Yahoo→http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111005-00000006-cdj-musi
リストを追跡
[1]-[4] アルベルト・ヒナステラ(1916-1983):ピアノ・ソナタ第1
[5]-[7] ホアキン・トゥーリーナ(1882-1949):幻想的舞曲集 Op.22
[8]-[10]マヌエル・デ・ファリャ(1876-1946):ピアノのための《三角帽子》から3つのダンス
[11] マヌエル・デ・ファリャ:ベティカ(アンダルシア)幻想曲
[12] マヌエル・デ・ファリャ:火祭りの踊り

世界遺産サグラダ・ファミリア大聖堂の秘蔵音源、ついに登場。比石の得意とするスペイン音楽のおいしいとこ取りプログラム

●サグラダ・ファミリア大聖堂での95年のピアノ・リサイタルの模様を捉えたライヴ音源。なお、世界遺産に指定された現在ではコンサート開催の許可が下りなくなっているため、いまとなっては大変貴重なものといえます。
1995年のデジタル・ライヴ録音をENZO Recordingsにおいて24Bit/96KHzにトランスファーしてリマスタリングしています。
●レコード芸術20121月号準特選
WEB記事 Yahoohttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111005-00000006-cdj-musi

リストを追跡
[1]-[4] アルベルト・ヒナステラ(1916-1983):ピアノ・ソナタ第1
[5]-[7] ホアキン・トゥーリーナ(1882-1949):幻想的舞曲集 Op.22
[8]-[10]マヌエル・デ・ファリャ(1876-1946):ピアノのための《三角帽子》から3つのダンス
[11] マヌエル・デ・ファリャ:ベティカ(アンダルシア)幻想曲
[12] マヌエル・デ・ファリャ:火祭りの踊り